クレジットカードのキャッシングが更新で止まった話

クレジットカードにはショッピングとキャッシングが付いています。これらは数年ごとに更新のお知らせが届きます。そこで現在の自分の所得を審査書類に添付して送付すると、所得によってカードの更新が行えます。ここで過去に延滞事故などがない人の場合は、ほぼ問題なく更新されますが、私の体験談として、キャッシングだけは違いました。ショッピングはそれまでの返済履歴に問題がなかったので更新されたんですが、キャッシングだけは所得によるので、私の前年の所得が低かったためでしょうか。枠は50万円付いていたんですが、「現在のご利用可能額」が0円にいきなりなっていたんです。

その前にオペレーターに前年度の所得を伝えており、心よい対応だったので、まさかキャッシングが止められるなんて思ってもいなかった私は、止められた日にすぐ電話しました。すると「法で決められた枠で貸し付けているので、所得によっては枠が付いた状態でもご利用可能額が無くなる可能性はあります」と言われました。

このことから、キャッシング枠は枠が付いた状態でも、本人の所得によっては利用額がなくなることは十分にあり得るということを私は学びました。それ以降のキャッシングの支払いは毎月、リボ払いで毎月返済をしています。

関連記事

このページの先頭へ